20代女性Aさんの感想

フライト酔いするフェロー、胎児のアセスメントが十分に出来ないフェロー…ゆとり世代と言われる彼らに藍沢はイライラします。白石は丁寧に、優しくフェローを育てようとしますが、藍沢は歯に衣着せぬ発言でフェローを厳しく育てていきます。
フェローの教育方針で食い違う藍沢と白石はぶつかりますが、最後には自分たちがフェロー出会った時のことを思い出し、方針は違うがフェローに愛情を持って育てているということに気づくことができます。
藍沢に厳しく指導させる横峰は、胸腔ドレーンの挿入の仕方を一生懸命練習します。その頑張りを藍沢はきちんと見ています。患者のことを練習台とやや冷たい言い方はしますが、それも処置に迷いがでないようにするフェローへの心遣いだと思いました。
ドクターヘリが出動し、3人ともフェローに任せる、という藍沢の方針が結果フェローの横峰をぐんと成長させることに繋がります。
厳しい藍沢に褒められた時の横峰の嬉しそうな顔がとても印象的でした。
藤川は冴島が妊娠していることに大喜びしますが、フライトナースとしてスキルを積み上げてきて、仕事が楽しくなってきた冴島はこどもを産むかどうか迷っています。妊娠中ヘリに乗ることで起こるであろうリスクを考えるとヘリは降りた方がいい、しかし仕事は辞めたくない。仕事をとるか、母になることを選ぶか、これは冴島にとって本当に難しい選択肢だと思います。

藍沢に指導を受け、ぐんと成長した横峰。ひとつ頭が抜き出た状態の横峰に灰谷はますますコンプレックスを大きくしてしまう。焦りから一生懸命努力するが空回りしてしまうのではないか。そして自分を卑下しフライトドクターには向かないと諦めかけてしまうのではないか。
フライト中に意識を失う冴島。毒ガスが影響したものと考えられ、冴島だけでなく胎児にも危険が及ぶ。冴島を助けるか、胎児はどうするのか、父親である藤川の大きな傷になりうるかも知れない決断が迫られるのではないか。
小脳に脳腫瘍のあるピアニストも自分でなんとなく病気の重大さには気づいていて、無理に気丈に振舞っているだけなのではないか。ピアノ演奏中に倒れ、ピアノが弾けなくなってしまうのではないかと思う。

 

30代女性Bさんの感想

山下くんの大ファンでシリーズはすべて今まで見てきました。今回も5人勢揃いの出演とのことで、毎週楽しみにしています。
最初のシリーズから比べると今回は指導する立場なのでまた違った見方が出来てそこが一番、魅力的だと思います。
前とは状況も立場も変わっていても、演技は変わらなくて最初のシリーズからの延長になっていて、医者としての成長ぶりがとてもおもしろいと思います。
また、毎回入院患者が異なるのでそこから生まれるストーリーも考えさせられ感動します。今回は子供と親についてでしたが、主題歌が流れるタイミングで感動しました。
まだ2話ですが、これから予想される問題もちょこちょこ出てきて3話も気になり、早く視聴したいです。

 

ピアノをやっていて、脳に腫瘍がある女の子が最後の方に登場してきたので、脳外科に戻るのか、戻らないのか、または手術するのか、しないのか、決断が迫られるのかな?
と思いました。
そこで、また医者としての決断が待っていそうな気がしました。
そして、一番気になるのは冴島さんが妊娠中なので、今後どういった結論を出すのかです。しかし、結論を出す前になにかトラブルが予想されるのかなと思いました。
それは2話のお話の中で、エレベーターに3人乗っているときにもしも何かあったら困りますよね的な会話があったので今後そのような展開なあるのではないかと思いました。
あとは、やはり3人の新人さんたちの医者としての成長ぶりだと思います。みなさん、それぞれ問題を抱えている感じなので、それを解決していくのが楽しみです。